留学期間の決め方

留学期間の決め方 高校留学でニュージーランドに留学するとなれば悩むのが、期間の決め方ではないでしょうか。
一口に高校留学といっても様々なスタイルがありますが、短期留学もあれば長期留学もあり、目的に合わせて選ぶことが大切になってきます。
一週間から一ヶ月の短期もあれば、三ヶ月から一年の中長期もあります。
目的はもちろん自分の現在の英語のレベル、そして就職や進学の活動の時期も考えて選ぶようにしましょう。
休学ができない時には、夏休みや春休みといった休暇を使うことになるので、一週間から一ヶ月が妥当になります。
休学して留学する場合には、半年以上も可能です。
まずは短期間の留学をして、半年から一年の留学に向けてイメージをつかんでおくという方法もあります。
一週間から一ヶ月となると、英会話や英語環境に慣れて勉強法を覚えることがメインになり、長期ではリスニング力や簡単な会話をするためのスピーキング力、文章を読むためのリーディング力がアップするので、目的に合わせて選びましょう。

ニュージーランドへの高校留学は、目的に応じて期間が選べる

ニュージーランドへの高校留学は、目的に応じて期間が選べる 高校留学をする際に人気の国のひとつがニュージーランドです。
自然が豊かで、人々が寛容である一方少しシャイな一面も併せ持ちます。
さらに治安が良いのも人気の理由でしょう。
ニュージーランドのセカンダリースクールはほとんどが公立高校で、留学生の受け入れに積極的です。
期間はさまざまですが、日本の高校に在学している人であれば、交換留学によって約1年現地の高校に通うことができます。
とりあえず海外の生活を体験してみたい人ならば、1週間からの短期留学も可能です。
こうした短期の場合は選考試験などがないので気軽な点がメリットです。
もちろん本格的に現地の高校を卒業したい卒業留学ならば、数年の計画を立てる必要があるでしょう。
単位の取得制度や学期が異なるなど日本と違いはありますが、留学前に確認しておけば大丈夫です。
短期での高校留学を活用すれば公立または私立あるいは、滞在期間など希望どおりに選択できるので、海外を体験するには最適なプランです。

新着情報

◎2020/11/16

留学期間の決め方
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

ターム留学
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「留学 決め方」
に関連するツイート
Twitter